アラフィフのなぎさが、見た目年齢マイナス10歳を目指すブログ

エイジングケア 美容液

巷でウワサのあのエイジングケアシリーズ、アスタリフトを試してみた!!

更新日:

こんにちは!なぎさです(^_-)-☆

ご訪問ありがとうございます!!

ブログランキングの応援お願いしまーすヽ(^o^)丿


美容・ビューティーランキング

今日は比較的暖かい(#^^#)

執筆作業も軽やかにこなせそうです。

さて、以前から気になっていた富士フィルムから発売されているエイジング化粧品、アスタリフトの有料サンプルを試してみましたので、ご紹介したいと思います。

写真フィルムと肌には実は共通点があった話~アスタリフトとは?~

富士フィルムが創業以来80年にわたり、写真分野で培ってきたサイエンス。

写真フィルムが肌の構造が似ていることに着目し、お肌のエイジングに生かしてみようと研究開発されました。

4つのコア技術

  1. ナノテクノロジー
    フィルムの断面と角質層の断面は非常に似た構造

  2. 抗酸化技術
    酸化を防ぎ、肌や写真を劣化から守る

  3. コラーゲン研究
    肌写真フィルムも大部分がコラーゲン

  4. 光解析コントロール
    光を用いて肌内部のメカニズムを明らかに

※アスタリスト公式HPより

上記で、1、2、4はなんとなくわかります。

問題は3です。え!?写真て、コラーゲンなの??と思いませんか?

恐らく写真の表面がということなのでしょう。

富士フィルムの公式ホームページを探しましたが、詳しい記載はありませんでした。

アスタリフトは化粧水より前に、アスタリフトジェリーアクアリスタという、美容液を先に塗るという珍しいお手入れのスタイルをとっています。

次に化粧水、化粧水後の美容液、乳液・クリームという流れでお手入れしていきます。

ナノの力で浸透させる。アスタリフトの赤いパワーでアンチエイジングしよう!!

アスタリフトジェリーアクアリスタ

赤い透明で、トマトゼリーをくだいたような、フルフルの美容液です。

この赤さの理由は、※アスタキサンチンと※リコピンの色です。

※アスタキサンチン

優れた美容パワーで、サケに多く含まれていると言われています

※リコピン

トマトに多く含まれ、アスタキサンチンと同じように肌にハリを与える成分です

アスタキサンチンとリコピンに3種のコラーゲン(水溶性コラーゲン、浸透性コラーゲン、ピココラーゲンを配合しています。

ここまではっきり色がついた化粧品を使うのは、はじめてでした。

顔が赤くなってしまうのかな?とおっかなびっくりでしたが、伸ばせば赤さは消えました(*’▽’)

塗ってすぐに浸透するせいか、意外に量が必要かもしれません。

公式ホームページでは、使用目安、大きめのパール大1個分とありますが、私の顔面サイズだと大きめのパール大2個は必要と感じました。

塗った後は、全くべとつくこともなく、さらりとしていました。

アスタリストモイストローション

こちらもジェリーアクアリスタほどではないのですが、うっすらオレンジがかっています。

サラサラとしたローションです。

乾燥が気になる方は、重ねづけが必要かもしれません。

かなりの勢いで、浸透しますので、1回量は通常の化粧品より多めに必要かもしれません。

公式ホームページでは、1回につき500円玉大と記載されていました。

これは、妥当な量と感じました。

アスタリフトエッセンスデスティニー

こちらもオレンジがかっています。

美容液にしては、比較的珍しいタイプのサラサラとした美容液になります。

あっと言う間に浸透してしまいました。

公式ホームページでは、使用目安1円玉大とありますが、私の顔面サイズだとやはり500円玉大くらい必要と感じました。

とにかくサラサラしているので、すぐ肌に吸い込まれてしまうのです。

これが富士フィルムの技術の賜物なのでしょうか。

アスタリフトクリーム

お手入れの最後として、アスタリフトエマルジョンかアスタリフトクリームを選びます。

お試しパックにクリームしか入っていなかったのでこちらを使いました。

オレンジ色のさっぱりしたタイプのクリームです。

エイジングケアの仕上げの乳液やクリームには、コクのあるもの、しっとりしすぎているものがよく用いられます。

このクリームはとてもさっぱりしていて、悪く言えば、のびが悪いです。

よく言うと、クリームなのに肌にのばそうと思っても、すぐに浸透してしまうのです。

使用目安としては、やや大きめのパール粒1個とありましたが、私の顔面サイズだと大きめのパール粒2個は必要かと感じました。

塗った後は、適度なしっとり感があり、嫌なべたつきは全くありません。

肌表面は、さらりとしていました。

ねえねえ、たかえちゃん、富士フィルムが写真に使っている技術ってすごいね!!
なぎさ

美魔女の友人 たかえ
そーだね。特に主力商品のアスタリフトジェリーアクアリスタは、現品は40gで9,000円。

美魔女の友人 たかえ
これは、なかなかのお値段だよね!!

他の商品は、4,000円から5,000円がほとんどなのに、なぜジェリーアクアリスタだけ、こんなにお高いのかな?
なぎさ

美魔女の友人 たかえ
わからないけど、化粧水の前につけるものがこれだけ高いのだから、お手入れのキーはジェリーアクアリスタにありそうだよ!!

そっか!!じゃあこのお試しパックを使いきるまでに、ゆっくり考えよ~。
なぎさ

あ、でも欲しくなったらすぐ買っちゃうかもね!!
なぎさ

美魔女の友人 たかえ
も~、なぎさちゃんったら無駄使い!!

なにっ!?
なぎさ

まとめ

今回は富士フィルムから発売されている、アスタリストジェリーアクアリスタ、アクアリスタモイストローション、アクアリスタエッセンスデスティニー、アクアリスタクリームについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

富士フィルムが、長年に渡って写真に使われてきた技術を基礎化粧品に応用し、女性たちのお肌をハリや輝きで満たしているところがすばらしいですね。

アスタリフトは発売されて12年目だそうです。

かなり前から、存在を知りながら、やっと最近お試しパックを使った自分が逆に怖いです。

アスタリフトシリーズは下記から購入できます。

プロフィール

ホーム

-エイジングケア, 美容液

Copyright© 素敵大人女子のアンチエイジング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.